引越しで必ず使用するもの。それは荷物を梱包するための大量の段ボールです。
通常、引越し業者がある程度の数の段ボールを用意してくれますが、大抵の場合、
予想以上に段ボールを使用してしまって、足りなることが多いようです。

したがって、自前でも段ボールを確保するための努力が必要になります。
特に、3月から4月にかけて引越しが集中するシーズンは、段ボールの確保が大変です。

最近では、ホームセンターや100円ショップなどでも段ボールを販売していますが、
大量に入手するとなると、それなりにお金がかかるもの。
まずは、近所のスーパーやドラッグストアーなどで、
無料で貰える段ボールがないか確認しましょう。

なお、スーパーなどで段ボールを入手する際には、水濡れには気を付けて下さい。
ダンボールに水分が含まれていると、変形したり、強度が保てなくなったり、
臭いがしたりと大切な荷物の搬送にも問題が生じますよ。

また、何度も引越しの経験がある転勤族に聞いた話ですが、
以前の引越しで使った段ボールを普段から収納に使ったり、
折りたたんで次の引越しのために準備していたり、
電化製品を購入しても空き箱を捨てない等の工夫を凝らしているそうです。

それから、大きさや強度の面で引越しに向いている段ボール箱は、
リンゴ、ミカンなどのある程度重さのある品物がはいっていた段ボール箱です。
重量のある本やCD専用の段ボール箱も適切かもしれません。

そのような段ボール箱を大量に仕入れることができれば、大変重宝するはずです。

ぜひ、普段からそのような段ボールを確保するよう目を光らせてみてはいかがでしょうか。